お知らせ

4年連続キッズデザイン賞受賞

2017/09/28
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

第11回キッズデザイン協議会会長賞など2件を受賞いたしました。

マツダが同賞を受賞するのは、2014年以降4年連続です。

「子供たちに走る歓びを感じてもらいたい。そして、事故を減らし、子供を安心して育てられる社会作りに貢献していきたい。」というマツダの車作りに対する考え方が評価されました。

①子供たちの安全・安心に貢献するデザイン部門:キッズデザイン協議会会長賞(奨励賞)

作品名:「MAZDA TECHNOLOGY FOR KIDSの進化」

これまで受賞した安全技術に加え、「運転する母親と同乗する子供への配慮」という新たなテーマが評価されました。

②子供たちの創造性と未来を拓くデザイン部門

受賞関連サイト

ニュースリリース

http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201709/170925b.html

マツダオフィシャルサイト

http://www.mazda.co.jp/beadriver/safety/kids/

キッズデザイン協議会サイト

http://www.kidsdesign.jp/

 

新型車「CX-8」発表、12月14日発売

2017/09/15
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは14日、3列シートSUVの新型車「CX-8」を12月14日に発売すると発表しました。

国内向けSUVの最上位機種に位置付けるもので、SUVに多人数乗りとしての使い方を求めるニーズに対応しました。

エンジンは大幅改良した2.2Lディーゼルエンジン「スカイアクティブ-D 2.2」を搭載し、車重を感じさせない走行性能と環境性能を両立した。全幅を「CX-5」と同じ1840ミリメートル、全長を355ミリ長い4900ミリとし、日本市場に合ったサイズ感とした。3列目シートは170センチの大人でもくつろげる空間とし1~3列目までの乗員同士が会話を楽しめる静粛性も確保した。大幅改良した2.2DEは最高出力を従来の129キロワットから140キロワット、最大トルクを420N・Mから450N・Mに向上した。燃費性能は2WDがJC08モードでリッター17.6kmWLTCモードは市街地モードが12.7km郊外モードが15.7km高速道路モードは18.0km

高速走行での優れた燃費性能と72Lの大容量燃料タンクにより東京~九州間と同じ1137kmを無給由で走行できる航続距離を確保した。

先進安全技術「アイアクティブセンス」を全社標準装備したほか、「360度ビューモニタ」を設定した。

価格は319万6800~419万400円(消費税込み)です。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

マツダCX-5衝突安全性能評価で「最高」

2017/09/13
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは、「CX-5」が「JNCAP自動車アセスメント」の衝突安全性能評価の「ファイブスター賞」を受賞したと発表しました。同賞は2012年に発売した初代CX-5以降の新世代商品車での受賞となる。新世代商品群に採用している「スカイアクティブ、ボディー」は基本骨格のストレート設計や「マルチロードパス構造」骨格の環状構造を採用する事で、衝撃エネルギーを効率的に分散、吸収して高い安全性を実現している。同試験は衝突時の乗員保護性能や歩行者保護性能などを5段階評価し、星の数で公表している。マツダでは16年度前期の試験で「アクセラ」が最高得点を獲得している。

サポカーSワイド対応技術標準装備

2017/08/31
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

CX-3/CX-5/アクセラ/アテンザの全グレードにサポカーSワイドが標準装備されました。

サポカー/サポカーS(安全運転サポート車)

マツダ アクセラ一部改良さらに良くなりました

2017/08/26
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

アクセラにマツダ車として初めて、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360度ビューモニター」を採用しました。

先進安全技術「アイアクティブセンス」を標準装備し、国土交通省が定める「安全運転サポート車」(サポカ)の「サポカーSワイド」にてこ号した。

アクセラセダンにも1.5Lディゼルエンジン車を追加発売いたします。

360度ビューモニタ-は車両に搭載した4つのカメラにより、車両の前後・左右・俯瞰映像をセンターディスプレーに表示する。

見通しの悪い交差点や狭い駐車場などでの低速走行時にドライバーの死角を補います。フロンとパーキングセンサーとセットでオプション設定します。

アイ・アクティブセンスを標準装備し、衝突被害軽減ブレーキ、AT誤発進抑制、車線逸脱警報、ハイビームコントロールやアダプティブLEDヘッドライト先進ライトを備えた。アクセラへの搭載により、国内主要5車種への搭載が完了いたしました。

セダンには従来の1.5Lガソリン、2.2Lディゼルエンジンに加え新たに1.5Lディゼルエンジンを追加した。

車体色には「ソウルレッドクリスタルメタリック」を追加した。

米の安全評価、マツダ5車種が「最高」

2017/07/14
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

米国IIHS(道路安全保険協会)の安全性評価試験で最高評価「2017トップセーフティーピック+」を獲得。2017年の試験対象車種を製造した自動車メーカー全16社中、マツダが唯一、全対象車種で最高評価を得ました。

メーカーオプションの予防安全装備を装着したCX-5、CX-9、CX-3、マツダ3(日本名アクセラ)マツダ6(日本名アテンザ)以上の5車種でした。

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

2017/04/24
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

いつも、ご贔屓に預かりありがとうございます。

5月2日から5日までゴールデンウイーク休業とさせていただきます。

5月6日から平常どおり営業いたします。

デミオ、全グレードに4つの安全装備

2017/04/21
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは20日、小型乗用車「デミオ」の全グレードに先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を標準装備して発売いたしました。

前方走行車との衝突回避支援と被害を軽減する自動ブレーキ「スマート・シティー・ブレーキ・サポート」「AT誤発進抑制制御(前進時)」「ブラインド・スポット・モニタリング」「リアクロストラフィックアラート」の4つの安全装備を全グレードに標準装備。

BSM(ブラインド・スポット・モニタリング):死角になりやすい後方からの車の接近をドライバーに通知する

RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート):バックで駐車場を出るとき、左右から接近する車をドライバーに通知します。

マツダ4輪駆動で文部科学大臣表彰を受賞

2017/04/21
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは4月20日2017年度科学技術分野における文部科学大臣表彰で、同社の研究者5人が「路面摩擦の変化に瞬時に対応する4輪駆動システムの開発」で「科学技術賞(開発部門)」を受賞しました。

また、「車体シーラー塗布作業容易化装置の考案」で「創意工夫功労者賞」を受賞しました。

科学技術賞が今回5回目、創意工夫功労者賞が2015年以降3年連続の受賞となりました。

マツダCX-3 タイの「カーオブザイヤー2016」を受賞

2017/04/06
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

タイランドカーオブザイヤー2016にマツダCX-3が受賞しました。

マツダが、タイで受賞したのは初めて!

営業日カレンダー