お知らせ

アテンザを大幅改良

2018/05/28
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは24日、旗艦車種「アテンザ」を大幅改良し、6月21日に国内販売を始める予定だと発表しました。

次世代のデザイン思想や車両構造の一部を導入し、デザインや走行性能、安全性能などの性能や質感を大幅に向上させた。

予約受注は24日に開始した。外装はフロントとリヤに限定して改良する一方、内装は大幅に刷新した。

シートデザインを一新し、フロントシートにはマツダ初となるベンチレーションシステムを採用するなど快適性を高めた。

上級機種のインストルメントパネルやドアトリムには、東レと共同開発した新素材「ウルトラスエード・ヌー」を量産車として世界で始めて採用し、素材にもこだわっている。走行性能や乗り心地の性能と質感向上では次世代車両構造技術の一部取り入れた。前後サスペンションシステムの構造を一新し、新開発のタイヤも採用した。搭載エンジンの構成に変更はないが、ガソリンエンジン車の2.5Lエンジンには気筒休止技術を追加し、2.0Lエンジンとともに日常域での実用燃費向上を図った。2.2Lクリーンディーゼルエンジンには急速多段燃焼技術などの採用で出力、トルクをそれぞれ向上させている。安全性能の強化では、ヘッドアップディスプレーを従来のコンバイナータイプからフロントウインドウ投影型に変更。先進安全技術「アイ・アクティブ・センス」の歩行者ブレーキは夜間にも対応したほか、停車時からでも追従走行を可能とする全車速対応の追従機能を追加した。価格は282万9600~366万1200円(消費税込み)

マツダ開発者に日本機械学会賞

2018/04/20
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは4月19日スムーズな車両挙動を実現する世界初の技術「G-ベクタリングコントロール」の開発に携わった技術者5人が日本機械学会から「2017年度日本機械学会賞(技術)」を受賞したと発表しました。

ドライバーのハンドル操作に応じエンジンの駆動トルクを変化させ、4輪の接地荷重を最適化することでスムーズで効率的な車両挙動を実現した。

ハンドル修正操作や乗員の体の揺れを抑制する事で、疲労が低減する事や、滑りやすい路面での操縦安定性が高まる事が評価された。マツダの社員が同賞を受賞するのは通算11回目で、新世代技術「スカイアクティブ」導入後では5回目となる。

マツダ次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」金賞受賞

2018/04/14
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは13日、次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」がアメリカ、ニューヨークで開催された「2018エジソンアワード」(エジソン賞)の表彰式で「エンジンエンハンスメント」部門の金賞を受賞したと発表しました。

エジソンアワードは世界中の革新的な製品、サービス、ビジネスリーダーを表彰し称える国際的な賞で、自動車業界だけでなく各業界で変革を起こしている国際的な企業の製品、サービスから選出される。

マツダCX-8「自動車アセスメント予防安全評価」で満点獲得

2018/04/11
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

CX-8が2017年度自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価において、満点で最高ランク「ASV++」を獲得しました。

国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が、自動車の先進安全技術について評価する試験です。

マツダは2016年のアクセラ、2017年のCX-5に続く最高ランクASV++の獲得となり、全ての評価項目で満点を獲得したのはCX-8が初めてです。詳細は以下のアドレスでご覧いただけます。

http://www2.mazda.com/ja/publicity/release

 

マツダ、コンセプトカー「ビジョン・クーペ」コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー受賞

2018/03/14
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

ジュネーブで開催された「第11回カー・デザイン・ナイト」で、デザインコンセプト車「ビジョン・クーペ」が「コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

2月にパリで「最も美しいコンセプトカー」にも選出されており、今回が2度目の受賞となりました。

スカイアクティブX 「Qグローバル・テック・アワード」を獲得

2018/02/15
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは2月8日、同社の次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」が、イタリアの自動車専門誌が主催し世界16カ国の委員が選出する「Qグローバル・テック・アワード」を獲得したと発表しました。

同エンジンは「技術史に名前を残すような革新的な技術」として評価された。

マツダCX-8の販売好調

2018/02/15
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

新型「マツダCX-8」の販売が好調、発売後1ヶ月時点での累計受注台数が12000台越え。

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/?link_id=sbnv

CX-8予約受注 月販計画の6倍

2017/12/15
いすみ店からのお知らせ茂原店からのお知らせ

マツダは12月14日、国内で同日発売した新型「CX-8」の予約受注台数が、発売前の3ヶ月(9月14日~12月10日)で、月間販売計画台数1200台の約6倍となる7362台となった事を発表しました。

3グレードの予約受注構成比は、乗車定員で6人と7人をそれぞれ設定して先進安全装備を充実させた上級グレード「プロアクティブ」が51%と過半数。次いで同6人の最上級グレード「Lパッケージ」が43%と、上位グレードで9割を超えました。

乗車定員別では6人が60%、7人が40%でした。

営業日カレンダー